安いだけの探偵を選ぶのはもう止めよう

探偵の調査料金は高いですから、料金の安い探偵を探すのは当然かもしれません。
しかし、調査料金が安いだけの探偵を選ぶのは危険です。
料金は安いが調査を失敗した。後か追加調査という名目で高額な追加料金を請求されたなど、このような話を聞いたことがある人もいるのでは?
探偵を選ぶなら、料金が安く、それでいて信頼できる探偵を探すべきです。
横浜で料金が安いだけの探偵なら意外と簡単に見つけることができます。各探偵事務所に調査の見積もりを出してもらい、その金額を比較すれば、一番料金の安い探偵事務所がわかります。
ですが、このなかから信頼できる探偵を探すとなると、何を基準にして信頼できる探偵と判断したらいいのかわかりません。
そこで、信頼できる探偵を見つけるポイントについて詳しく説明していきましょう。

良い探偵業者を選ぶためのポイント

探偵業者は世の中に数多く存在していますが、そのすべてが良いものだとは限りません。それは何も悪徳業者に限った話ではなく、悪徳ではなくとも調査スキルが低いがゆえに依頼どおりの情報を手に入れることができなかったなんてことも少なくありません。
良い探偵業者を選ぶためにはいくつかのコツがあります。まず最低限気をつけなければいけないのは、探偵業届出番号が公開されているかどうかです。
探偵業法の施行により、探偵業者は必ず探偵業届出証明書を発行しなければなりません。ちゃんと届け出ているところは探偵業届出番号を公開しています。逆に探偵業届出番号が公開されていないのであれば、悪徳かモグリなどの可能性があるため依頼しないほうが賢明です。
ですがこれはルールを守っている探偵業者を見極めるポイントであり、調査力があるかどうかはまた別の話です。
調査力があるかどうかは極端なことをいえば、依頼してみるまでは分かりません。しかし規模が小さい業者は人材と機材が揃っていない可能性が高く、調査力があまり高くない傾向にあります。ですのである程度は規模が大きい探偵業者を選ぶのが良いと思われます。
また長年探偵業をやっている事務所のほうがノウハウもしっかりとしており、さらに経験も高いため、調査力も優れている場合が多いです。
このような点を見極めれば、良い探偵業者を選ぶことができます。

失敗しない探偵事務所の選び方

現在日本には、5000社を超えるの探偵や興信所が存在します。
この中から1つの業者に絞り込むのは、至難の業といえます。
ただ、これだけある探偵や興信所のうち、ネットなどで目にすることができる業者はほんの一握りですから、依頼人が信頼できる事務所に出会えるかは、運としかいいようがありません。
探偵選びの基準として、料金の安さがあるかもしれませんが、必ずしも料金が安いからよい探偵というわけではなく、多少費用がかかっても、しっかりとした調査を行って、依頼人の目的を達成してくれる探偵の方がよいという場合もあります。
もちろん、依頼人には予算もありますから、料金設定も重要な要素となりますが、料金ばかりにとらわれず、きちんと事務所の実体があり、契約書をきちんとかわす業者であること、報告書のサンプルをきちんと見せてくれる。
業界団体に加盟しているなど、いくつかのポイントをチェックしておくとよいでしょう。
また、そのほかにも、探偵や興信所というのは、報告書を提出するまでが仕事という考え方のところもありますが、依頼人にとっては、報告書を受けた後も大変です。
特に、浮気調査などは、慰謝料請求などのさまざまな交渉や手続きがありますから、アフターサービスが充実している業者を選べば、法的手段で解決する際、法律の専門家を紹介してくれますから、便利です。

探偵の料金システム

探偵事務所に調査を依頼する場合には、当然費用がかかります。
ただ、なかなか日常的に探偵事務所を利用することはありませんから、料金システムはわかりにくいかもしれません。
また、それぞれの探偵事務所によっても、いくつかの異なる面がありますから、事前に知っておくことが大事です。
探偵事務所の料金システムには、いくつかのパターンがあり、一つはすべて込みになっているプラン、次にそれぞれに料金が設定されていて、組み合わせていくことで、事前にどのくらいの費用がかかるのかを明示するタイプがあります。
すべて込みになっているタイプは、大手の探偵事務所に多く採用されている料金プランで、車両費や経費などをすべて含んでいるため、利用者にとってはわかりやすいというメリットがあります。
ただ、割高になっていることが多いというデメリットもあります。
一方、組み合わせていくタイプは、車両費や経費は別途必要になり、明示されている費用を組み合わせていき、それ以上の費用はかからないという特徴があります。
このタイプは、基本料金は安く、調査後に費用が加算されていくため、最終的にどのくらいの費用がかかるのかわからないというデメリットもあります。